激レアさんを連れてきた一覧

山下賢二(激レアさん)の画像や9年間しゃべらなかった理由は?現在の仕事は?

やましたさん:山下賢二(やました けんじ)さんが『激レアさんを連れてきた』に2019年2月11日の放送で出演します。やましたくんはあることが理由で意地を張り、幼稚園入園から小学校卒業の9年間、学校で一言も人前ではしゃべらない、ちょっとかわった少年でした。でも小学校の授業でどうしてもしゃべらないといけないピンチがありましが、そのピンチをある秘策で切り抜けました。そんな9年間の出来事を2018年11月10日に自叙伝を著書にして話題になりました。そんな現在のやましたくんこと山下賢二さんについても触れてみたいと思います。

ショウコさん(激レア)はホームレスから世界一のフレアバーテンダーに!アイドル時代なども!

富田晶子(とみたしょうこ)がショウコさんとして「激レアさんを連れてきた」に出演します。「流されるままに生きた結果、ホームレスにまでなったが、最終的に男だらけのフレアバーテン界で世界一になったギャル」が登場します。ショウコさんは元ゴリゴリのギャルで、元ゴリゴリのホームレスでした。そこから世界一になったショウコさんは、バーテンダーはバーテンダーでも、ビンを投げたりしてアクションの技を競う「フレアバーテンダー」というショーの世界コンテストで優勝した人物です。

益田祐美子(激レア)はイラン映画賞総なめ!主婦から社長兼プロデューサーに!

益田祐美子(マスダユミコ)さんが”激レアさんを連れてきた”に出演します。普通の主婦だったのに、自分の娘が主演する映画を作ろうと思って大奮闘した結果、イランの映画賞を総なめにした上に、そのまま映画プロデューサーになっちゃった人。自ら設立の「平成プロジェクト」という会社の社長にも!娘のわがままを叶えるために、映画作りに着手した映画ド素人だった激レアさんです。

トシエさん(激レアさん)は津軽三味線で日本一!サバイバル人生と父親?

鈴木利枝(すずきとしえ)さんが、トシエさん(激レアさん)として「激レアさんを連れてきた」に出演します。トシエさん(激レアさん)は津軽三味線で頂点を目指したいのに、超強引な父親に連れられて、世界中でサバイバルの旅をさせられた結果、なぜか?津軽三味線の日本一になったとても凄い人です。トシエさん(激レアさん)がサバイバルの旅で得た能力とは?トシエさん(激レアさん)はその能力のお陰で、津軽三味線日本一に輝いた人なんです。

ドキさん(激レア)はカワサキハロウィンを日本最大に!本名や職業や経歴は?

ドキさん(激レアさん)は土岐一利(どきかずとし)さんです。ドキさん(激レア)はカワサキハロウィン(カワハロ)のパレード作った結果、街にパリピを12万人以上も増殖させちゃった人なんです。今では10月になると、おばけのカボチャのオブジェが街中に飾られるようになり、ハロウィンの仮装した人が街にあふれ、現在では日本の秋の風物詩となっています。ドキさん(激レア)がどのように、カワサキハロウィンを広めたのかを調べてみました。

ツカモトさん(激レア)はダチョウ抗体でインフルエンザのマスクを大発明!

ツカモトさん(激レア)こと塚本康浩さんは、ダチョウの卵の黄身の抗体の研究で、インフルエンザ用のマスクで200億円を生み出した世界初の大発見をした人です。キーマンの足立くんもきになりますね。インフルエンザ、花粉症、アトピー性皮膚炎にも効くマスクやジェル化粧品も開発しました。ツカモトさん(激レア)は勉強もスポーツも苦手でしたが、異常なまでの鳥愛を貫き、最終的には200億円を生み出した人です。人間界に背を向けて、あらゆる鳥たちに人生を捧げた結果は!