訃報!堺屋太一(作家で政治家)の画像や死因は?本や学歴や経歴は?

スポンサードリンク  


作家の堺屋太一さんが2月8日午後8時19分に亡くなったことがわかりました。

多臓器不全のため東京都内の病院で死去していたことがわかりました。

堺屋太一さんは政治に作家にテレビコメントにとても活躍された方です。

小説以外には、経済理論や社会評論などについても執筆しました。

テレビ番組にも、毎日のように出演しており、評論家としての手腕を発揮した人です。

社会や政治に対してのコメントもとても明確な方でした。

ご冥福をお祈りしております。

堺屋太一さんの生年月日や本名は?学歴や職歴も!

ペンネーム:堺屋 太一

先祖の商人が安土桃山時代に堺から谷町に移住した際の名前の「堺屋太一」を使ったことがペンネームの由来。

本名:池口 小太郎(いけぐち こたろう)

生年月日: 1935年7月13日

没:    2019年2月8日(享年83歳)

出身地 :大阪府大阪市

高校:大阪府立住吉高等学校

高校在学中はボクシング部に所属し、モスキート級の大阪チャンピオンになった

大学:東京大学工学部建築学科に進学後、東京大学経済学部へ転入し卒業。

前職:工業技術院業務部研究開発官

現職:早稲田大学日本橋キャンパスインテンダント

称号 経済学士(東京大学・1960年)

受賞:2012年に旭日大綬章

政治:第55 – 57代 経済企画庁長官

堺屋太一さんの政治家活動!

閣僚として
1998年、小渕内閣に民間人閣僚として経済企画庁長官に就任。

第2次森内閣まで務め、同時に総合交通対策担当大臣、新千年紀記念行事担当大臣、情報通信技術(IT)担当大臣なども兼任した。

長官在任中には、従来の政府の景気判断よりも景況感の変化を迅速かつ的確に把握しやすくする為、タクシードライバーや居酒屋の店主など「街角の人」に直接話を聞く「景気ウォッチャー調査」を開始。

また、インターネット博覧会(通称インパク)の発案者でもある。

堺屋太一さんの作家活動は!

1975年の通産省在職中に、近未来の社会を描いた小説『油断!』で作家としてデビューしました。

1976年に発表した小説『団塊の世代』は、1940年代後半に日本で生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊の世代」と位置づけ、多方面に影響を与えました。

堺屋太一さんの代表作は・・・

大河ドラマの原作となった『峠の群像』、『秀吉』をはじめとする歴史小説も数多く執筆。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
こちらの記事も一緒に読まれています。