ちくま(海自艦)や20ミリ機関砲の画像は?実弾が海に落下した理由は?

11月22日午後3時40分ごろ、

沖縄県久米島(久米島町)の約140キロ沖で、

海上自衛隊の護衛艦「ちくま」の甲板上で

高性能20ミリ機関砲の実弾21発

海中に落下しました。

流入した波の影響とのことです。

海自佐世保地方総監部(長崎県佐世保市)は、

強い衝撃で破裂する可能性もあるとして、

付近の漁船に注意を促し、

網に掛かった場合などに連絡するよう呼び掛けているそうです。

スポンサードリンク  

高性能20ミリ機関砲の実弾とは?画像や概要は?


出典元:http://rightwing.sakura.ne.jp/
実弾は直径約30ミリ、

長さ約168ミリ、重さ約250グラム。

有害物質などは含まれていないそうです。

現場は水深約140メートルで、

既に海底まで沈んだと考えられているそうです。


出典元:http://jmsdf.info/

ファランクス(Phalanx)は、

アメリカ合衆国のレイセオン・システムズ社製、

艦艇用近接防御火器システム(CIWS)であり、

Mk.15の名称が付けられている。

6砲身のゼネラル・エレクトリック社製20mm

ガトリング砲 M61 バルカンを用い、

捜索・追跡レーダーと火器管制システムを

一体化した完全自動の防空システムである。

対艦ミサイルからの防御を主目的とする。

名称は、古代ギリシアで用いられた

重装歩兵の密集陣形「ファランクス」に由来する。

また、非公式な愛称として

アメリカ海軍では「R2-D2」とも呼ばれる。

(形状が似ているため)

昨今、自衛隊の事故の報道が目立っている気がしています。

【関連記事】
こちらもあわせてお読みください。

11月14日午後1時20分ごろ、陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場(滋賀県高島市)で、第37普通科連隊が発射した81ミリ迫撃砲の砲弾1発が誤って場外に飛んで場外に出たことがわかりました。砲弾は国道303号のアスファルトの路面に当たり、近くの乗用車の左後部ガラスが破片で割れました。車の運転席にいた70代の男性がいましたが、幸いにも怪我はなかったそうです。被害に遭った車や81ミリ迫撃砲とはどのようなものなんでしょうか?演習場では12日から25日にかけて陸上自衛隊の訓練が予定されており、14日には81ミリ迫撃砲の射撃が行われていました。

先日の陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場(滋賀県高島市)で、

第37普通科連隊が発射した81ミリ迫撃砲の

砲弾が誤って場外に飛んで場外に出て、民間の車輛に

ぶつかった事件もありました。

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています。