饗庭野演習場の81ミリ迫撃砲が当たった車の画像は?過去にも事故が!

  • 2018年11月14日
  • 2018年11月23日
  • NEWS

饗庭野演習場の81ミリ迫撃砲が当たった車の画像は?過去にも事故が!

スポンサードリンク  


11月14日午後1時20分ごろ、

陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場(滋賀県高島市)で、

第37普通科連隊が発射した81ミリ迫撃砲の

砲弾1発が誤って場外に飛んで場外に出たことがわかりました。

 

砲弾は国道303号のアスファルトの路面に当たり、

近くの乗用車の左後部ガラスが破片で割れました。

 

車の運転席にいた70代の男性がいましたが、

幸いにも怪我はなかったそうです。

 

被害に遭った車や81ミリ迫撃砲とは

どのようなものなんでしょうか?

 

演習場では12日から25日にかけて

陸上自衛隊の訓練が予定されており、

14日には81ミリ迫撃砲の射撃が行われていました。

 

<陸自砲弾事故>不信高まる周辺住民が集団移転求める声も

 

滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場に

隣接する国道近くに迫撃砲弾が落ち、

乗用車が破損した事故から1週間が過ぎ、

 

周辺の住民には不安や陸自への不信感が高まっている。

 

陸自と市が周辺の区長らを集めた説明会でも、

陸自の姿勢を問う声が相次いだ。

 

年間300日にも達するとされる同演習場での訓練に、

住民の集団移転を求める声さえ上がってきている。

 

 「饗庭野には北陸や西日本各地から隊員が訓練に来るが、

地元の事情や住民感情をどれだけ意識しているのか」。

 

17日、同市安曇川町の上古賀農民研修センターで開かれた説明会。

 

陸自今津駐屯地(同市)の

水谷清隆司令ら関係者に、島本忠男・上古賀区長(63)が不信感をぶつけた。

 

 説明会の開催は、2015年に今回の現場近くで

重機関銃の銃弾が民家の屋根を貫く事故が起きたのをきっかけに、

市と陸自が再発防止に向けて締結した覚書に基づく。

 

朽木、保坂、上古賀・下古賀の

3地区で順次開かれ、区長らが出席した。

 

 説明会で島本区長は、他県から来た部隊の隊員が、

住民とトラブルになるケースも少なくないと指摘。

 

水谷司令は「訓練に来る部隊の責任者に、しっかり注意する」

と応じるのが精いっぱいだった。

 

 朽木地区の説明会では、

岡本義弘・市場区長(69)が

「(現場一帯は)弾丸が飛んで来る恐れがある、と住民が集団移転していた」

 

と二十数年前に住民が危険視し、

移転していた経緯を指摘。

 

保坂地区では、

橋本恒夫区長(76)が「事故が度々起きると、

自衛隊の存在が問われる。

 

区民から『恐ろしくて住んどられん』

という声も出ている」と訴えた。

 

橋本さんは毎日新聞の取材に

「保坂地区でも集団移転を求める意見がある」と明かす。

 

 「市からの訓練予定連絡では、年間約300日にもなる。演習場に隣接する山間地を区民らが保安用地として貸しているが、持ち山を管理しようにも満足に立ち入れない」。島本区長は取材に、住民の不満感を語った。

スポンサードリンク

 

81ミリ迫撃砲が当たった車の画像は?

饗庭野演習場の81ミリ迫撃砲が当たった車の画像は?過去にも事故が!

 

饗庭野演習場の81ミリ迫撃砲が当たった車の画像は?過去にも事故が!
破片が当たった車を運転していた、
高島市内に住む70代の男性はによると、
車を脇道にとめた瞬間、爆弾が爆発するような
強烈な音が聞こえ、窓ガラスが割れたと言っています。

陸上自衛隊によると、砲弾は演習場の北側に着弾。

 

近くには国道が通っており、

アスファルトのかけらが車に当たった可能性があるとの事です。

 

防衛省の発表では、滋賀県高島市にある陸上自衛隊の饗庭野演習場で、

迫撃砲弾を発射する訓練を行っていたところ、

誤って1発が演習場の外に飛んで道路を直撃した

可能性があるということです。

 

当時、訓練を行っていたのは、

大阪・和泉市にある陸上自衛隊信太山駐屯地に

所属する第37普通科連隊だということです。

 

詳細は現在、確認中のようです。

防衛省では迫撃砲の訓練を中止した!

饗庭野演習場の81ミリ迫撃砲が当たった車の画像は?過去にも事故が!

 

対戦車誘導弾が演習場の敷地外に落下したという報告があり、

午後4時すぎまでに、人的被害の報告は入っていないということです。

 

饗庭野演習場では過去に事故があった!

饗庭野演習場の81ミリ迫撃砲が当たった車の画像は?過去にも事故が!

 

饗庭野演習場では、

3年前の平成27年7月に、

およそ2.5キロ離れた住宅の天井に穴が開き、

部屋から訓練で重機関銃から発射された銃弾が見つかったことがあるそうです。

 

この時の問題で、高島市は必要な場合は、

市が訓練の中止を求めたり演習場に立ち入りしたりする覚書を、

自衛隊と結んでいるんだそうです。

 

とても恐ろしい事件でした。

人に当たらず、けが人がでなくて本当に良かったと思います。

スポンサードリンク