夜の巷でマツコが徘徊した中目黒のラグ店の商品や値段は?画像や特徴も!

夜の巷でマツコが徘徊した中目黒のラグ店の商品や値段は?画像や特徴も!
出典元:http://ism.excite.co.jp/

「夜の巷を徘徊する」2018年10月4日放送で

マツコ・デラックスさんが立ち寄ったお店は、

ペルシャ絨毯を取り扱うラグ専門店です。

オシャレな店舗が立ち並ぶ、

東横線の中目黒駅の高架下を徘徊します。

日頃の、切れキャラとは違い、一般の方にはとても優しい

マツコ・デラックスさんですよね

新しいスタイルのコインランドリーにも入店。

スニーカーや布団を丸洗いできる最新洗濯機に関心を持ちつつ、

昨今のコインランドリー事情について店員さんと語り合います。

スポンサードリンク  

夜の巷でマツコさんが徘徊したお店の名前と場所は?

夜の巷でマツコが徘徊した中目黒のラグ店の商品や値段は?画像や特徴も!
出典元:http://ism.excite.co.jp/

Layout(レイアウト)

住所:東京都目黒区上目黒二丁目43番20号

TEL:03-5773-5721

定休日:なし

営業時間:10:00〜18:00


2017年3月17日

中目黒にラグブランド「Layout」の

ショールーム&ショップがオープンしました。

場所は、東急東横線(東京メトロ日比谷線)

中目黒の「NAKAME GALLERY STREET」の89番。

中目黒駅から、高架沿いを5分ほど歩いたところにあります。

まだオープンから1年半たらずの新しいお店です。

Layoutのラグの値段は?

夜の巷でマツコが徘徊した中目黒のラグ店の商品や値段は?画像や特徴も!
出典元:http://ism.excite.co.jp/

ここは1000枚ほどのラグの販売を行う一方、

アクタスやアクメファニチャーといった

インテリアショップや百貨店への

卸売を行うショールームでもある。

ラグはイランから仕入れたものを中心に、

座布団サイズの1万円しない「ギャッベ」から、

100万円を超えるペルシャ絨毯(じゅうたん)

まで、さまざまの価格帯になっています。

Layoutでは、ラグのレンタルも行っているそうです。

イランの遊牧民が手織りで仕上げるギャッベは、

生活の中で受け継がれてきたラグ。

ふわふわした長い毛足と、

動植物などを描いた素朴な模様が入るのが特徴で、

北欧のインテリアにもなじみやすい。

手織りのため、柄はひとつひとつ違っていて、

好きな柄を見つけ出す楽しさも。

ここ最近は、

これまでにあまり見なかった柄や

色使いのものが入荷するようになっていて、

ギャッベの“新種”を探すのもおもしろい。

価格は抜粋です。

全商品ではありません。

ギャッベ

40cm ×   40cm        ¥9,000円
90cm ×   60cm      ¥28,000円
120cm × 80cm      ¥98,000円
150cm × 100cm  ¥150,000円
200cm × 140cm  ¥298,000円
240cm × 170cm   \395,000円

モデレートとカーブド

140cm×100cm   カーブド   ¥98,000円
210cm×110cm  モデレート ¥138,600円
230cm×170cm  カーブド  ¥273,700円
290cm×180cm  モデレート ¥313,200円

スポンサードリンク

ギャッベとは?

ギャッベというのはペルシャ語になります。

日本ではなじみのない言葉かと思いますが、

実はこれは簡単に言うと羊の毛を素材として作られた絨毯です。

この絨毯はイランやイスラム共和国の南西部に

位置するシラーズで部族たちによって

昔から織られているものだとされています。

ラグとカーペットの違いとは?

夜の巷でマツコが徘徊した中目黒のラグ店の商品や値段は?画像や特徴も!
出典元:http://ism.excite.co.jp/

ラグとカーペットの違いは、

200㎝×250㎝程度までの

大きさのものをラグと言うんだそうです。

それ以上の大きさの物はカーペットと呼ぶそうです。

アメリカでは、

手織りをラグ、

機械織りをカーペット

国・地域により、ラグやカーペットの定義が異なるようです。

単なる私個人の認識で間違っていましたが、

ラグと言うと、

手織りで、中東系で重厚で価格の高い物だと

思っていたのですが、全然違っていました。

家の近所のホームセンターで買えて、

軽くてツルっと動いちゃうのはカーペット

とも私は勘違いしていました。

そして、

6帖とか4.5帖のような大きさを絨毯(じゅうたん)だと

私は思っていました。

知識の無い自分が恥ずかしいのですが、

私と同じように考えていた人もきっといるはずと、

自分の都合で考えています^^)

しかしながら、Layoutで取り扱いのある、

ラグの様に100万円するようなペルシャ絨毯がある事も

事実ですよね。

マツコ・デラックスさんはこの100万円相当の

ラグを手に取っていたんじゃないかと思います。

という事で、ラグは毛足の長いとても高い小さめの絨毯

と私は考える事にしました。

奥が深いんですね!

スポンサードリンク

夜の巷を徘徊するで、マツコデラックスさんが東急電鉄、都立大学駅付近を徘徊します。発芽大豆を使った食品を扱うカフェ店に入店し、 健康フードをマツコ・デラックスさんが試食させてもらいます。オシャレな魚屋さんに入店し結婚間近のカップルに遭遇します。”金魚・リフォーム”という謎の店舗はどんな?そんな都立大のお洒落なお店が気になったので、調べて見たいと思います。放送は2018年9月27日(木) 24時15分~放送です。
こちらの記事も一緒に読まれています。