岸野和矢の陶芸教室の場所や料金は?作品は買えるのか?師匠なども!

 

プレバト!!でお馴染みの陶芸家の岸野和矢さん。

 

岸野和矢さんが教える陶芸教室の場所や入会ができるかを

調べてみました。

 

陶芸を始めてみたい人って結構多くいるんじゃないかと思います。

地方に行かないと陶芸は出来ないんじゃないかとイメージも強いですが

東京に陶芸教室は開かれていました。

 

岸野さんの陶芸作品は買うことが出来るのかも

調べてみたいと思います。

 

プロフィールから2人の師匠の名前が出てきましたので

師匠の経歴なども調べてみたいと思います。

 

スポンサードリンク  

岸野和矢さんのプロフィールは?

岸野和矢

名前 岸野和矢(きしの かずや)
生年月日 1951年
年齢 2019年1月現在で推定65歳と思われます。
出身地 山梨県大月市
大学 東京造形大学 美術学部 彫刻科
陶芸の師匠 佐藤忠良さん

岩野勇三さん

 

東京造形大学 美術学部 彫刻科卒業後は、

美術教師になりました。

 

その後、32歳で陶芸家として独立をしました。

 

美術教師を経て、83年に東京都国立市に

「陶芸教室けんぼう窯」を開く。

 

以後、30年以上にわたって、

3000人以上の受講者の作陶指導にあたる。

岸野和矢さんの陶芸教室「けんぼう窯」の場所や料金は?

 

 

陶芸教室けんぼう窯

 

入会金 10,000円(税込)
*1月中入会の方は入会金無料
月謝 8,900円(税込)
その他にかかる料金 粘土  2kg 2,700円(税込)

~焼成費込(素焼・本焼・釉薬代)

目安として2、3カ月に
1度購入していただくくらい道具は
ご準備いただく必要はございません。

必要な道具は全て揃っています。

必要な道具はすべてお貸しします。

実施回数 月3回(1回2時間半程度)

*月に3回通えない場合、
翌月へ繰り越しや前月に前倒しが可能です。

*追加受講可。1回1,500円 月3回まで

陶芸教室の実施時間帯 曜日時間ごとのクラスに分かれ、
基本的には第1第2第3週に実施しています。午前の部  9:30~12:00
午後の部 14:00~16:30
夜の部  18:30~21:00*定休日・木曜日。火曜日と日曜日の夜の部はお休みしています。
定員 1クラス10名
製作の目安 教室に慣れれば1~2ヶ月で
2、3個くらい自分の作品が作れます。

 

陶芸教室に興味のある方は

まず一日体験をおすすめします。

 

登り窯焼成体験ツアー

年2回春・秋に実習を兼ねた焼成をおこないます。

2泊3日で泊まりながら登り窯焼成を体験する企画もあるようで

とても楽しそうですよね。

 

住所:東京都国立市中1-19-6

 

電話番号:042-576-8111

JR中央線「国立」駅徒歩5分

駐車場:6台完備

 

駅から歩いても近いですし、車で行っても駐車場があるのは

とてもありがたいですよね!

くじらさん
岸野和矢さんの著書を見つけたので紹介しますね!
恐竜くん
陶芸に興味のある人は本を読むだけでも伝わってくるんじゃないかな!

 

岸野和矢さんの陶芸作品は買うことができるのか?

色々調べてみたのですが、通販等で買うことは出来ないようです。

ごめんなさい。

 

やはり、陶芸教室に通い、

陶芸作品を買うしかないのかもしれませんね。

 

岸野和矢さんの師匠の佐藤忠良さんとは?

 

名前:佐藤 忠良(さとう ちゅうりょう)

生年月日:1912年(明治45年)7月4日

没:2011年3月30日

出身:宮城県黒川郡落合村
(現、大和町落合字舞野)

 

 

彫刻家で、東京造形大学名誉教授の佐藤忠良さんは

老衰のため東京都杉並区永福の自宅で死去しました。

享年98歳の大往生でした。

 

 

日本の彫刻家で

新制作協会彫刻部創立会員。

 

女性像などをブロンズや木彫が特徴のようです。

 

福音館書店版の絵本『おおきなかぶ』の挿絵なども手がけた。

 

桑沢洋子さんの親友でもあり、

教育者として東京造形大学

において創立以来多数の後進の教育に携わっています。

 

女優の佐藤オリエさんは娘さんです。

スポンサードリンク

岸野和矢さんの師匠の岩野勇三さんとは?

 

生年月日:1931年(昭和6年)7月9日

出身地:新潟県高田市

 

職業:東京造形大学教授

 

新潟県立高田高校在学中に

佐藤忠良にデッサンを学び始め、

昭和25年同校を卒業して上京しました。

 

新制作協会会員の彫刻家岩野勇三さんは、

1987年8月25日に肺ガンのため

九段坂病院で亡くなられており享年56歳でした。

 

63年8月東京、現代彫刻センターで

「追悼 岩野勇三」展も開かれたようです。

 

ひき続き佐藤忠良に師事するうち彫刻家を志し

31年第19回新制作展に「タケダ君の首」「立つ女」で初入選。

 

35年同会会員となる。

 

37年第1回宇部野外彫刻コンクールに入選。

 

41年東京造形大学教授に就任する。

 

44年第4回昭和会展で林武賞受賞。

 

49、50年、彫刻の森美術館大賞展に指名出品。

 

51年上越市庁舎前広場に『おまんた』を設置。

 

53年横浜市羽衣町広場に『笹と少年』を、

55年第一勧業銀行本店に『まつり』を設置する。

 

55年第1回高村光太郎大賞展優秀賞、

61年裸婦像「なほ」で第17回中原悌二郎賞を受賞する。

 

一貫して堅実な写実的追求の姿勢を貫き、

人物をモティーフとして内面性のにじみ出る作風を示す。

 

初期には「母」「待合室」などの、

風俗的主題の着衣像を主に制作し、

のち裸婦を多く手がけるようになり「くみ」「あい」「なほ」

など少女の面影の残る、若く清新な生命感ある作品を制作した。

 

著書に『彫刻を始める人へ』

(アトリエ出版社)、『彫像』(日貿出版社)があります。

スポンサードリンク