樫山文枝のおはなはんの動画は?結婚や父と伯父がオンワード樫山創業者!

樫山文枝のおはなはんの動画は?結婚や父と伯父がオンワード樫山創業者!
樫山文枝(かしやま ふみえ)さんと

日色ともゑ(ひいろ ともえ)さんが

徹子の部屋に2人で登場します。

2018年9月21日の出演です。

樫山文枝(かしやま ふみえ)さんと言えば、

昭和41年~42年で今から51年前の連続テレビ小説、

NHKの朝ドラ「おはなはん」の伝説のヒロイン役ですよね。

劇団民藝に所属する2人は、名優であり厳しい演出家でもあった

宇野重吉さんに育てられた“教え子”でした。

そんな樫山文枝さんを調べてみました。

スポンサードリンク  

樫山文枝さんの経歴は?結婚した夫と父と叔父が著名人!

画像
出典元:https://tv.yahoo.co.jp/program/49085703/

樫山文枝のおはなはんの動画は?結婚や父と伯父がオンワード樫山創業者!

樫山 文枝(かしやま ふみえ)

本名:綿引 文枝(旧姓:樫山)

生年月日 1941年(昭和16年)8月13日生まれの現在77歳

出身地:東京都武蔵野市吉祥寺

事務所:民藝

1966年4月から1年間放送されたNHKの連続テレビ小説

『おはなはん』の主役に抜擢されたことで一躍有名になりました。

旦那さん:綿引勝彦(俳優)

父:樫山欽四郎

出身は両親とも長野県小諸市

お父さんは早稲田大学教授で同野球部長

またヘーゲルの研究者として著名な樫山欽四郎さんです。

伯父は樫山純三さん

大手アパレルメーカーのオンワード樫山の創業者です。

もの凄い家系ですよね!


50代でもキレイになれる!  

新しい 「50代ヘアメイクの教科書」登場

シミ・シワ・たるみに白髪、ぺしゃんこヘアも怖くない!

気になる本を見つけました。

興味ありませんか?


樫山文枝さんの朝ドラ「おはなはん」の動画は?

こちらのNHK みのがし なつかしからも動画の閲覧が可能です。
NHK名作選  みのがし なつかし

樫山文枝さんの劇団歴や出演作は?

樫山文枝さん主なテレビドラマ出演

 『おはなはん』

 『天と地と』

 『国盗り物語』

だと思います。

3年B組金八先生の出演も印象的ですよね。

スポンサードリンク

樫山文枝のテレビドラマ出演歴!

若者たち 第1回「出発」(1966年、CX)

連続テレビ小説「おはなはん」

(1966年、NHK) – 浅尾はな 役

「はっさい先生」(1987年、NHK) – ナレーション

「さくら」(2002年、NHK) – 桂木諌子 役

大河ドラマ

天と地と(1969年、NHK) – 乃美 役

国盗り物語(1973年、NHK) – 千代 役

わが青春のとき(1970年、NTV)

男は度胸(1970年、NHK)

火曜日の女シリーズ「幻の女」(1971年、NTV)

木枯し紋次郎 第2シリーズ 第19話「冥土の花嫁を討て」

(1973年、CX) – お咲/お縫 (二役)

花王 愛の劇場(TBS)

「放浪記」(1974年)

「幻の花嫁」(1979年)

歳月 (テレビドラマ)(1970年) – 坂上祐子

あんたがたどこさ 第2シリーズ(1975年、TBS)

同心部屋御用帳 江戸の旋風(1975年、CX)

私の愛は(1978年、NHK)

新・事件 わが歌は花いちもんめ(1981年、NHK)

木曜ゴールデンドラマ(YTV)

「生命ふたたび」(1983年)

「あなた一人で生きて」(1984年)

「遅れてきた年賀状」(1985年)

「母さん帰ってきて!」(1985年)

「長い道II」(1987年)

「夫の遺言」(1989年)

「あやしい家族、です」(1989年)

「再婚家族」(1989年)

月曜ワイド劇場(ANB)

「妻は何を感じたか」(1983年)

「妻たちの離陸」(1984年)

「妻はついに浮気宣言」(1985年)

「かけもち結婚、かけもち仲人」(1986年)

「出社拒否症になった夫」(1986年)

大奥 第47話「年上の佳人」(1984年、KTV)

3年B組金八先生3(1988年、TBS) – 三上良子 役

忠臣蔵 風の巻・雲の巻(1991年、CX)

NHKスペシャル ニューウェーブドラマ

「リバースアンドプレイバック」(1992年、NHK)

ようこそ青春金物店(1996年、NHK)

はぐれ刑事純情派 (テレビ朝日 / 東映)

第4シリーズ(1991年)第23話「娘を失った父・疑惑の不在証明!」

– 北川静子 役

第9シリーズ(1996年)第17話「襲われた悪妻! 謎の目撃証言」

土曜ワイド劇場「女調査員・おでん屋“ぽんた”探偵局」(1998年、ABC)

火曜サスペンス劇場「監察医・室生亜季子29 不完全な心中」

(2001年、NTV / 東映)

3年B組金八先生 第6シリーズ 第20・21話(2002年、TBS) – 三上良子 役

土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー

秋田新幹線・こまち連続殺人!」(2006年、EX)

大岡越前3 第6話「源さん恋をする」

(2016年、NHK BSプレミアム) – 於満紀 役

樫山文枝さんの映画出演作は?

黒部の太陽(1968年)

孤島の太陽(1968年)

東映まんがまつり「アンデルセン童話 にんぎょ姫」(1975年) – 主人公マリーナの声

男はつらいよ 葛飾立志篇(1975年)

典子は、今(1981年) – 広瀬先生

ふるさと(1983年) – 花

ダウンタウン・ヒーローズ(1988年)

樫山文枝さんの舞台出演作は?

かもめ

帰れ、いとしのシーバ

冬の花 ヒロシマのこころ

きぬという道連れ

かの子かんのん

放浪記(2003年) – 日夏京子 役

樫山文枝さんの民藝の舞台作は?

うちのお姉さん(1967年) – リーダ 役

ヴェニスの商人(1968年) – ポーシャ 役

斬られの仙太(1968年) – お妙 役

かもめ(1969年) – ニーナ・ミハーイロヴナ・ザレーチナヤ 役

もう一人のヒト(1970年) – 彰子女王 役

アンネの日記(1970年) – アンネ・フランク 役

銀河鉄道の恋人たち(1971年) – とし江 役

三人姉妹(1972年) – イリーナ 役

きぬという道連れ(1974年) – きぬ 役

才能とパトロン(1974年) – アレクサンドラ・ニコラエヴナ・ネギナ 役

リリオム(1976年) – ユリ 役

ジェイン・エア(1977年) – ジェイン・エア 役

山脈(1978年) – とし子 役

夜明け前 第一部(1980年)・第二部(1981年) – お民 役

わたしは生きたい ラインの監視(1983年) – サラ・ミューラー 役

白夜(1984年) – 彼女 役

人形の家(1986年) – ノーラ・ヘルメル 役

夏・南方のローマンス 神と人のあいだII(1987年) – 女A 役

クラクションを吹きならせ!(1987年) – ローザ・ベラルディ 役

雨(1988年) – サディ・トムソン 役

天使との二〇分(1989年) – マリーナ 役

エマ 自由よ、アメリカに咲いた赤い花(1990年) – エマ・ゴールドマン 役

どん底(1990年) – ナースチャ 役

ルナサの祭りの日に(1993年) – マギー 役

おはなはん(1994年) – はな 役

私を忘れないで(1995年) – 原田富美子 役

研師源六(1995年) – おせん 役

帯に短し…くちなし幻想(1996年) – 千代 役

根岸庵律女(1998年) – 衣川登代 役

二人だけの舞踏会(1999年) – 利加 役

かの子かんのん(2000年) – 岡本かの子 役

静かな落日ー広津家三代ー(2001年) – 広津桃子 役

海の夫人(2002年) – エリーダ 役

モンゴル帰りの翁(2003年) – 須藤香苗 役

マツモト・シスターズ(2004年) – グレース 役

スポイルズ・オブ・ウォー そして得たもの(2004年) – エリーズ 役

火山灰地 第一部・第二部(2005年) – 雨宮照子 役

待てば海路の…(2006年) – 鈴屋登美 役

喜劇の殿さん(2006年) – 遠野まよ 役

林の中のナポリ(2007年) – 小野寺直子 役

坐漁荘の人びと(2007年) – 矢祭ぎん 役

海霧(2008年) – さよ 役

来年こそは(2009年) – ヘレン・パービス 役

十二月 下宿屋「四丁目ハウス」(2010年) – 朽木夫人 役

帰れ、いとしのシーバ(2011年) – ローラ 役

冬の花 ヒロシマのこころ(2012年) – 公枝 役

集金旅行(2013年・2016年) – 七番さん 役

まとめ

50年前の大スター樫山文枝さんでしたが、

懐かしの「おはなはん」の動画はいかがだったでししょうか?

樫山文枝さん、とても元気で良かったです。

これからも、活躍を期待したいです!

スポンサードリンク

日色ともゑさんの記事もよろしかったどうぞ!

劇団民藝「時を接ぐ」で主人公の富美子役を日色ともゑさんが務めます。9月26日から10月7日まで東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演されます。映画の編集を担っていた女性技師・富美子は、逆境の中で自らの人生を切り開いていきます。日色ともゑ(ひいろ ともえ)さんと樫山文枝(かしやま ふみえ)さんが徹子の部屋に2人で登場します。
こちらの記事も一緒に読まれています。