塩尻和也(順天堂大学)の箱根駅伝成績や自己ベストは?中学高校や経歴は?

 

View this post on Instagram

 

Tomさん(@tmtoao_)がシェアした投稿

 

順天堂大学4年生の塩尻和也(しおじりかずや)さんは

2018年10月13日の箱根駅伝予選会で

日本人トップの成績の好走を果たしました。

 

記録は1:01:22でした。

 

青山学院大学や東洋大学の強豪の中で、

塩尻和也さんの走りが、

順天堂大学の結果を左右することになりそうです。

 

塩尻和也さんの箱根駅伝での成績や

自己ベスト記録は?

 

出身の中学高校なども調べてみたいと思います。

 

スポンサードリンク  

 

塩尻和也さんのプロフィール

 

 

View this post on Instagram

 

:]mikiさん(@mikiteegram)がシェアした投稿

 

名前:塩尻 和也(しおじりかずや)

出身地:群馬県伊勢崎市

生年月日:1996年11月8日

 

小学校:伊勢崎市立境采女(さかいうねめ)小学校

中学校:伊勢崎市立境北中学校

高校:群馬県立伊勢崎清明高等学校

大学:順天堂大学スポーツ健康科学部

 

競技:陸上競技

種目:長距離種目・3000mSC

 

 

身長 170cm

体重 56kg
 

スポンサードリンク

 

塩尻和也の戦歴や自己ベスト記録

 

 

View this post on Instagram

 

日本陸上競技連盟(JAAF)さん(@jaaf_official)がシェアした投稿

中学校時代はソフトテニス部に所属していました。

 

高校では2年生の2013年、

全国高等学校総合体育大会陸上競技大会の3000m障害で5位に入賞。

 

1月の天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会では1区で12位という成績を残す。

 

3年生の2014年、

5月の群馬県高校総体の3000m障害で当時高校歴代6位の記録で優勝。

 

6月の日本陸上競技選手権大会の3000m障害で

当時高校歴代4位の記録で7位に入賞。

 

7月にアメリカのユージーンで開かれた

第15回世界ジュニア陸上競技選手権大会の3000m障害代表となり、

8分45秒66の記録(高校歴代2位)で9位となった。

 

 

2015年に順天堂大学に進学。

 

3000m障害での記録向上を目指して順天堂大学

(日本記録保持者の岩水嘉孝の出身校で監督の仲村明も元選手)を選択したという。

 

入学直後に自転車で転倒負傷したり、

7月に熱中症に罹患するアクシデントもあったが、

日本陸上競技選手権大会の3000m障害で6位に入賞、

10月の全日本大学駅伝対校選手権大会では2区で4位となった。

 

2016年1月の第92回東京箱根間往復大学駅伝競走では

1年生ながら2区に起用され、5位ででした。

リオデジャネイロオリンピック代表選考会となった6月の

第100回日本陸上競技選手権大会では3000m障害に

8分36秒45の記録で2位に入賞したが、

 

オリンピック参加標準記録は突破できず、

6月27日の代表選手発表時点では選に漏れた。

 

 

7月7日に印西市で行われた順天堂大学記録会3000m障害にて

8分31秒89の自己記録をマーク。

 

オリンピック開幕直前の8月3日、

他国の個人出場枠の選手が辞退したため、

国際陸上競技連盟からのInvitationにより3000m障害の

日本代表に選出された。

 

オリンピック本番では8月15日の予選に出場したが、

8分40秒98の11位で敗退となった。

 

2016年以降は、

順天堂大学陸上競技部長距離部門のエースとして、

多数のレースに出走している。

 

5000m‣10000mなどの一般のトラックレースから、

3000m障害物距離走まで幅広くこなす。

 

 

2017年1月、

第93回東京箱根間往復大学駅伝競走で

2年続けて2区に起用され、8人抜きの快走を披露した。

 

2017年4月1日、5000mトラックレースで、

自己ベストと共に、チーム記録となる13分33秒14のタイムをマークした。

 

2017年11月25日、

2017八王子ロングディスタンス10000mにて、

日本人学生歴代4位となる27分47秒87を記録した。

 

2018年6月の第102回日本陸上競技選手権大会では3000m障害に、

当時日本歴代8位となる8分29秒14の自己ベストで優勝

 

塩尻和也の自己ベスト

 

 

View this post on Instagram

 

a o iさん(@aopic_29)がシェアした投稿

1500m = 3分47秒15 (2016年)

3000m = 7分54秒60 (2018年)

5000m =13分33秒14(2017年)

10000m = 27分47秒87(2017年)

ハーフマラソン = 1時間02分46秒 (2017年)

3000mSC =8分29秒14(2018年)

 

 

塩尻和也の獲得メダル

男子 陸上競技アジア競技大会
銅 2018 ジャカルタ 3000mSC

 

ユニバーシアード
銅 2017 台北 10000m

まとめ

 

2018年10月13日の箱根駅伝予選会では、

日本人記録第一位の塩尻和也さんでした。

 

2019年箱根駅伝の本線の成績がとても楽しみですね!

 

スポンサードリンク