アキコグレースの曲やアルバムとライブ活動は?本名や出身地は?


アキコグレース

スポンサードリンク  

アキコグレースさん(AKIKO GRACE)

アキコグレースさんはアメリカでジャズピアニストで多くの受賞をしています。

日本人としてはジャズ界の大御所的存在です。

東京国立芸術大学音楽学部楽理科を卒業後、アメリカに渡りジャズピアニストになりました。

アキコグレースのプロフィール

氏名:アキコグレース(AKIKO・GRACE)

出生名:岩瀬 晶子(いわせ あきこ)

生年月日:1974年(昭和49年)8月13日生まれで現在43歳

出身地:神奈川県

大学:東京国立芸術大学音楽学部 楽理科を卒業

アメリカの大学:バークリー音楽大学ピアノ演奏科を卒業

音楽ジャンル:ジャズ

楽器:ピアノ

レーベル:日本コロムビア(レコード会社名ではありません)

 

アキコグレースのお母さんはピアノの教師だった為、3才からお母さんにピアノを習い始めます。

中学2年生の時、たまたまラジオで流れていたオスカーピーターソンを聴いてジャズに目覚めたそうです。

東京芸術大学音楽学部楽理科を卒業後はアメリカのバークリー音楽大学ピアノ演奏科に通い卒業しました。

 

2000年にアメリカでアーティストビザを取得します。

ジャズピアニストとしてアメリカで活動をスタートしました。

 

2002年にはあの有名な名門サボイ(SVAOY)レーベルから初の日本人アーティストとしてメジャーデビューを果たしました。

曲・アルバム・ライブ活動

味のあるジャズの音色を是非聞いてみて欲しいです!

私は普段ジャズは聞きません。

でも、聴いてみると「アリだな!」と初めて思いました。

ジャズ!悪くないですよ!

アキコグレースの主な作品

●「フロム ニューヨーク」“マンハッタンの物語”

 

●「ニューヨーク スタイル」“東京”

 

●「ニューヨークのもう一つの物語」

“Wowow wave2 Akiko Grace Jazz Streetデュオプラス”

“オスロから”

“モメンタム”

“Illume”

 

●「グレースフルビジョン」

 

●「ピアノリウム」

スポンサードリンク

アキコグレースの主な受賞

●2002年1月度「From New York」で

スイングジャーナル誌ゴールド・ディスクを初受賞。

 

●2002年9月ニューヨーク録音第2弾となるセカンド・アルバム

『マンハッタン・ストーリー』を発表。

2作連続ゴールド・ディスクを受賞。

年間2枚の ゴールド・ディスク獲得は日本ジャズ史上初の快挙となりました。

2002年度スイングジャーナル誌ジャズディスク大賞ニュースター賞国内部門には審査委員会満 場一致で選出されたそうです。

 

● 2002年度ミュージック ペンクラブ賞ベストパフォーマンス賞国内部門を受賞。

レコードとライブ活動の両面で受賞となりました。

 

● 2003年7月、NY3部作完結編となるオリジナル・サード・アルバム

「ニューヨーク・スタイル」をリリース。

 

この「ニューヨーク・スタイル」は、

第58 回(平成15年度)文化庁主催芸術祭優秀賞(レコード部門)

2003年度スイングジャーナル誌ジャズディスク大賞日本ジャズ賞をダブル受賞。

 

● 2004年12月『フロム・オスロ』を発表。

 3度めのゴールド・ディスクを受賞。

ライブ活動

●2016年8月13日と20日:FMヨコハマの「ピアノワイナリー」公演。

 

●2015年8月27日:新宿神楽坂で「森の響き」公演。

映画「うみやまあひだ」のデュオ特別公演で尺八の石垣秀基さんとは初共演。

映画「うみやまあひだ」”マドリード国際映画際にて、最優秀外国語

ドキュメンタリー賞と同プロデューサー賞を授賞。

 

●2014年12月23日:キリスト品川協会 グローリア・チャペルで公演。

 

●2014年10月8日:ザ・ガーデン岡崎で「月を弾く」公演第2弾で京都で公演。

 

●2014年9月20日:アコースティックホール「The Glee」で
太鼓とピアノのデュオユニット、Kaleidoscope公演。

 

直近の日本公演でした。2017年、2018年、それ以降の公演情報が無く、2016年8月で情報が途切れています。

スポンサードリンク