スカイカー(空飛ぶ車)動画や画像!値段や免許と発売は?問題点は!

”スカイカー”
”空飛ぶ車”
”Flying Car(フライングカー)”
と呼び方はいろいろですが・・・

経済産業省は2018年8月24日に

数人が乗って空中を移動できる「空飛ぶ車」の実現に向けた

官民協議会を設立すると発表したと報道がありました。

電動で垂直に離着陸することから

航空機とドローン(小型無人機)の間として位置づけの

次世代の移動手段として期待されています。

経産省は高性能電池やモーターなど、

企業や大学による空飛ぶ車の開発支援として、

2019年度予算概算要求に約45億円を盛り込む方針なんだそうです。

スポンサードリンク  

スカイカー(空飛ぶ車)の実用化最新情報!

未来の交通手段とされる「空飛ぶ車」の実現に向けた

官民協議会の会合が11月16日、東京都内で開かれ、

国土交通、経済産業両省が実現化にむけた工程表を作成しました。

2020年代半ばに技術開発を終え、規制や法整備も整えた上で、

離島や山間部の人の移動や物資輸送の手段として活用されそう。

2030年代には都市部の人の移動手段にも使う工程を示しました。

2018年12月の会合で決定する模様です。

空飛ぶ車は電動で垂直に離着陸できて滑走路が不要です。

航空機とドローン(小型無人機)の中間的位置付けで、

次世代の移動・物流手段として期待され、

未来都市イメージに近づいた感じです。

政府関係者のほか、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や

ベンチャー企業の関係者らが出席しました。

スカイカー(空飛ぶ車)の動画や画像は!

協議会には、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や米ボーイング、

米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズ、

ANAホールディングス、

NEC、トヨタ自動車が支援する団体などが参加します。

経産省と国土交通省、総務省も加わるそうです。

まずはイメージを掴む為、説明の前に
動画を観ていただきたいと思います‼

テラフギア社の「TF-X」

自宅のガレージから普通の車と同じように走って出てきます。

そして、しばらく一般道を走り、広い場所へ!

なんと、プロペラで出てきて空に飛びだしました!

既に、実用化はされているんです!

興奮しますよね!

関連画像

性能は?

製造メーカー:Terrafugia

車種名:TF-X

航続距離:500マイル(約800㎞)

最大速度:200mph(約320km/h)

無鉛ガソリン

電気モーターポット:1MWの電力

気になる車輛の大きさは

車庫または標準の駐車スペースにおさまってしまう大きさ(寸法)です。

スカイカー(空飛ぶ車)の値段や免許と発売は?
問題点は?

TF-Xの飛行は、伝統的なパイロットライセンスまたはスポーツパイロット証明書よりも実質的に少ないトレーニング時間を必要とします。TF-Xを運転するには、標準の米国運転免許証が必要です。

現段階のアメリカに限った話ですが、

普通免許とトレーニングが必要です。

日本ではどうなるのか?

現段階では、まだ協議が始まっていませんので、何とも言えませんが、

やはり飛行トレーニングと普通運転免許で大丈夫だと想像します。

価格設定:価格はハイエンドの高級車と一致します。

TF-Xプログラムの開発が進むにつれて、より具体的な価格情報が利用可能になります。

はっきり価格が示されていませんが、

3,000万円~4,000万円くらいの価格ではないかと言われています。

もちろん、決定価格ではありません。

この圧倒的未来フォルム。

なんとこの乗り物、空を飛ぶ自動運転車だというのです。

今回この圧巻のUFOを作り上げようというのは、

アメリカのマサチューセッツ州の

「Terrafugia」という会社。

2018年までに空を飛ぶ自動運転車

TF-Xの試作品を完成させるということです。

2025年までには一般販売の予定ということです。

期待しちゃいますよね!

スポンサードリンク

問題点は?

巡行距離が問題でしょうか?

約800㎞となると、日本国内を北から南まで一回の給油では飛びきれません。

これは小型故の問題点となりますが・・・

大きい機種ですと、格納に問題があるかと思います。

安全面はどうなのか?とか墜落したらなど問題は尽きませんが・・・

完全自動運転のようです。

基本的に、接触は無いと考えますが、絶対はありません。

協議することは、山のようにありそうです。

スカイカー(空飛ぶ車)の他メーカーの動向は?

aeromobil

2017年9月のフランクフルトモーターショーに出品され、

話題になったこちらの車は、

スロバキアの企業AeroMobil社が

開発・製造する空飛ぶ自動車『Flying Car(フライングカー)』です。

実際に市販化が見込まれており、世界限定500台でスタートする予定です。

価格は120万~150万ユーロ
(約1億4,000万円〜1億8,000万円)。

納車は2020年ごろを予定しています。

aeromobil

Flying Car(フライングカー)のボディサイズは、

翼を広げた状態で

全長5.8m×全幅8.8 m×全高1.4mで、

一般的なセスナ機よりもひとまわり小さくなっています。

空から降りて地上を走行するときには

翼が格納される仕組みで、

そのときのサイズは全長5.9m×全幅2.2m×全高1.5mになります。

飛行モードと自動車モードの切り替えは

それぞれ約3分で完了。

もちろん、切替はすべてフルオートで行われます。

車として道路を走る時には翼を畳んだ状態で、

空を飛ぶ飛行モードでは翼が車の

ボディサイドから広がってきます。

そして、通常の飛行機と同様に

滑走路使って離陸~空に向かって飛び立っていきます。

こちらも公式動画がありましたのでみてください。

まとめ

映画の世界でしか考えていなかった”空飛ぶ車”は、

もうそこまで来ていたんですね!

値段は3,000万円~1億8,000万円と機種によって幅は広いのですが、

TF-Xなどは、かなり身近な大きさですね!

規制もとても多いとは思いますが、夢はもうすぐ実現に向かっているんですね!

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています。