奥川恭伸(星稜高校)の球速や球種は?身長や中学も!代表歴は?

星稜高校の奥川恭伸(おくがわやすのぶ)投手は高校2年生

スポンサードリンク  

2019年の夏の甲子園の注目選手は?

星稜高校の奥川恭伸(おくがわやすのぶ)投手だと思います。

2019年春の選抜では151km/hのストレート

2019年夏の石川県予選大会では158km/hの球速をマークしました。

大船渡高校の佐々木 朗希投手は岩手県予選で大変話題になりましたね!

2019年4月6日のU18代表合宿で163km/h

2019年7月21日夏の大会岩手予選で160km/hを記録。

佐々木 朗希投手も甲子園で見たかったですね!!!

奥川恭伸(おくがわやすのぶ)投手が2019年の夏の甲子園で話題になる!

奥川恭伸(おくがわやすのぶ)投手のプロフィール

氏名:奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)

生年月日:2001年(平成13年)4月16日生まれの現在18歳

利き腕 右投右打

身長: 183cm

体重 :82kg

小学校:かほく市宇ノ気小学校

中学校:かほく市立宇ノ気中

高校:星稜高校3年生(現在在学中)

奥川恭伸(おくがわやすのぶ)投手の球速や球種は?


球速は MAX157㎞のストレートを始め、変化球はスライダー・チェンジアップ・フォークボール

を投げ別けます。

今の最上級ランクの高校野球の投手は変化球が多彩ですよね。

奥川恭伸(おくがわやすのぶ)投手は高校時でいったい、

MAXで何キロまで球速をたたきだすのか?

末恐ろしい存在です。

私は、奥川投手に160Km/hを期待しています。

当然ながら、2019年秋のドラフトの目玉の一人だと言えます。

奥川恭伸投手は2年生エースで甲子園出場!

星稜高校へ進学すると、1年生春からベンチ入りし、秋の大会では主戦として活躍しています。

2年生の春の選抜では144km/hを記録し、リリーフで2試合連続逆転勝ちで2勝を記録。

2018年夏の甲子園では、開幕ゲームで先発し150km/hを記録し、注目を集めました。

数カ月足らずで、球速が6km/hアップしています!

その後のU-18侍ジャパンには、唯一2年生で選出。

2年生で日本代表に選出されるのは凄いですよね~

そして、秋の北信越大会準々決勝で10連続奪三振を記録し、北信越大会優勝に大きく貢献。

その後の明治神宮大会でも準優勝。

2019春の選抜で最速151km/h

奥川投手は2019年春の選抜で最速151km/hをマークしました。

17奪三振の好投でした。

2019夏の大会で158km/hをマーク

石川県予選の3回戦の対金沢大付戦で奥川投手がリリーフ登板となりました。

そこで!

158km/hの自己最速をマークしました。

それ以外の投球でも155km/hをマークし、6者連続三振を奪う好投を見せました。

石川県大会決勝では9回に153km/hをマークするなど、150km/h超えは当たり前の実力でした。

2019年の夏の甲子園では、更にギアを上げ、160km/h超えがあるんじゃないかと期待しています。

スポンサードリンク

奥川恭伸(おくがわやすのぶ)投手の代表歴や戦歴は?

奥川 恭伸

全国大会(中学) 中学3年
2016年全国中学校軟式野球大会(優勝)

全国大会 高校2年

2018年選抜高等学校野球大会(ベスト8)

2018年全国高校野球選手権大会(2回戦)

2018 第12回 BFA U18アジア選手権

まとめ

2019年春の選抜大会で活躍が期待される、

奥川恭伸投手ですが、さらなるストレートの球速も注目ですよね。

星稜高校応援しています!頑張ってくださいね!

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています。