サイエンス一覧

菅野了次の出身大学や本や論文は?全個体電池の開発や研究所は?

菅野了次(かんのりょうじ)教授によって夢の電池の研究が進んでいます。サイエンスZERO「1分で充電完了!?誕生!夢の全固体電池」2018年7月29日(日) 23時30分~で放されました。夢の全個体電池がスマホの充電時間を1分で完了させようとしています。電気自動車への導入を見据え、東京工業大学などで全固体電池の開発が進んでいる。現在主流のリチウムイオン電池では、電池の中にある液体の電解質が液漏れのリスクや電池の“へたり”につながっているが、全固体電池は液体を使わないことによって、こうしたリスクを避けられるばかりか、充電時間も短くでき航続距離も伸びるという。