カルロスゴーン会長(日産)が逮捕!年収や過少申告した報酬額と共犯は?

  • 2018年11月19日
  • 2018年11月19日
  • NEWS

 

カルロスゴーン会長とグレッグケリー代表取締役は

日産自動車(本社・横浜市)の会社資金を私的に流用し、

報酬を過少申告したとし逮捕されました。

 

 

東京地検特捜部が2018年11月19日の夕方に、

金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)

容疑でカルロスゴーン会長(日産自動車)

任意同行したことがわかりました。

 

過少申告した報酬は億単位にのぼるとみられます。

 

カルロス・ゴーン会長(日産自動車)は、

経営危機に陥った日産自動車にルノーから派遣され、

1999年に最高執行責任者(COO)、

2000年に社長に就任。

2001年6月から社長兼CEOとなり、日産自動車の再建を進めた。

 

リストラという言葉が流行り、各企業が導入したのも

カルロスゴーン会長がキッカケだったと思います。

 

カルロスゴーン会長は

2万人にも及ぶ社員や契約社員を

リストラしたことでも有名な人物です。

 

 

2005年にはルノー社長に就任

 

2016年には三菱自動車の燃費不正問題

の発覚をきっかけに、

三菱自動車との提携を主導し、

2016年12月に三菱自会長にも就任しました。

スポンサードリンク  

カルロスゴーン会長(日産自動車)の容疑とは?

 

カルロス・ゴーン会長(日産自動車)は株主総会で、

2017年度の自身の役員報酬が

前年度比33%減の7億3000万円だったと説明しました。

 

10億円を下回るのは4年ぶりのことなんだそうです。

 

過少申告額はおよそ11億7000万円でしょうか?

正式な報道が待たれるところです!

 

5年間に渡る不正な過少申告額は
50億円になることがわかりました。

 

カルロスゴーン会長(日産自動車)は

2017年4月に社長兼最高経営責任者(CEO)を退き、

会長に就いたことなどが報酬の減額の理由とされています。

 

カルロスゴーン氏の日産での役員報酬は

2016年度の10億9800万円が過去最高報酬でした。

 

カルロスゴーン氏は

「前年の会社の業績と個人の貢献度に基づいて設定した」と述べた。

 

ゴーン氏はフランスルノーの会長兼CEOと

三菱自動車の会長も務めています。

 

ルノーの役員報酬は740万ユーロ(約9億5000万円)、

三菱自は2億2700万円でした。

 

日産自動車・ルノー・三菱自動車の3社あわせた報酬は

2017年度合わせて約19億円となります。
くじらさん
廃盤になる前にゴーン会長の本を買っておいた方がいいかも!
恐竜くん
売れ切れになっちゃうかもしれないね!

 

カルロスゴーン会長を日産自動車が解任!

 

日産自動車は11月19日、

事情聴取されているカルロスゴーン会長と

代表取締役の職を解くように取締役会で発表!

 

日産自動車はカルロスゴーン会長の

金融商品取引法違反についても事実と認めています!

 

日産自動車では内部通報を受け、

数カ月間かけて調査をしてきたことを明らかにしました。

 

カルロスゴーン会長は報酬額を少なくするため、

長年に渡り、実際の報酬額よりも減額した金額を

有価証券報告書に記載していたことが判明したとしている。

 

カルロスゴーン会長のほかに

日産で代表取締役を務める

グレッグ・ケリー氏も関与したという。

【関連記事】レッグ・ケリー氏の記事もあわせてお読みください。

https://freeaula.com/greg-kelly/

いるかくん
こんな時に皮肉な話しだけど、廃盤になる前に本を紹介していおくね!
恐竜くん
カルロスゴーン会長の経営論か~!微妙なタイミングだね!

 

 

 

カルロスゴーン会長のプロフィールは?

 

 

 

 

名前 カルロス・ゴーン Carlos Ghosn
生年月日 1954年3月9日
年齢 64歳
国籍 ブラジル・フランス・レバノンの3か国に
国籍を持っているようです。
出身校 パリ国立高等鉱業学校
職業 日産自動車会長

三菱自動車工業会長

ルノー取締役会長兼CEO (PDG)

年収(年棒) 2016年10億9800万円(過去最高の報酬額)

 

レバノンとブラジルとフランスの

多重国籍を有しています。

 

アラビア語とフランス語、

英語、スペイン語、ポルトガル語

の5言語を話せます。

 

2004年には法政大学名誉博士になっています。

 

2005年には、快進社、ダットサンで

竹内明太郎と縁があり、

早稲田大学からも授与されています。

 

また、自らコマーシャルに出演するなど

マスメディアにも積極的に登場。

 

漫画誌・ビッグコミック・スペリオールに

「カルロス・ゴーン物語」が掲載されるなど、

広く知られる存在です。

 

ルノーと日産自動車は、2010年以降では、

世界自動車市場の約10%のシェアを持っています。

 

 

カルロスゴーン会長はルノー、日産自動車、三菱自動車工業の

株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する

「ルノー・日産・三菱アライアンス」

の社長兼最高経営責任者(CEO)をも兼務しています。

スポンサードリンク

カルロスゴーン会長の生い立ちは?

 

カルロスゴーン会長の両親はレバノン人です。

 

 

 

カルロスゴーン会長はブラジルで誕生しました。

 

 

幼少期はブラジルで過ごし、

中等教育は父の母国であるレバノンのベイルートで受けました。

 

フランスの工学系グランゼコールの一つである

パリ国立高等鉱業学校を卒業した後、

フランスのタイヤメーカー

ミシュランに入社し18年間在籍。

 

 

カルロスゴーン会長はミシュラン社での業績を評価され、

ルノーに上席副社長としてスカウトされ、

フランスルノーの再建にも貢献しました。

 

1999年3月、当時経営と財政危機にひん死状態の

日産がルノーと資本提携を結びました。

 

1999年6月ルノーの上席副社長だったカルロスゴーン会長が

ルノーにおける役職をキープしたまま、

日産自動車の最高執行責任者(COO)に就任しました。

 

その後

日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)、

ルノーの取締役会長兼CEO(PDG)、

ルノー・日産アライアンスの会長兼最高経営責任者(CEO)

 

 

 

極度の経営不振と経済的危機の状態にあった

日産自動車を立て直したということで、

他社の社外取締役に招聘されたり、

大学の委員なども務めたりもしています。

 

 

金融商品取引法違反で東京地検特捜部が捜査し逮捕状が請求されました‼

 

あんなにたくさん貰っているのに、

何故、過少申告などするんでしょうかね?

 

庶民には全くわからない感覚です・・・

スポンサードリンク